春の女王 カタクリの大群落へようこそ

ようやく春の気配がしてきました。

庭園の雪囲いもはずれ、桜のつぼみも少しずつ大きくなってきました。


黒石では桜の季節(4月下旬から5月上旬)に
もう一つ素晴らしい花が満開を迎えます。

それは、「カタクリ」です。

黒石市では、人知れず山中に咲くカタクリの大群落(約3ha)を、2001年の春から公開を続けてきました。
小径にはカタクリを始め、キクザキイチゲ、オトメエンゴサクなどの春植物が咲きます。
これらは春を告げるためにだけ現れたのではないかと思われるほど花咲く時期が短く、
1カ月ほどで消えてしまうので「スプリングエフェメラル(春の短い命)」と呼ばれ、大変魅力的で人気があります。

満開時にはまるでピンクのジュータンを敷いたような情景で、たくさんの方に喜んで頂いております。
この大群落をゆっくりご堪能できるようボランティア活動により、ゆるやかな斜面に8の字に散策路を設けております。
そして、環境保護のため、マイカーの出入りを禁止しております。

カタクリの小径までは専用シャトルバスが運行しております。

詳細は下記の通りです。



公開日時  平成23年4月27日(水) ~ 5月8日(日)

料金    大人1,000円
     子供  500円


運行時間  午前8時30分 ~ 午後2時
            (一時間に1本程度出発致します)

運行ルート   津軽伝承工芸館
             (当館より徒歩1分)
        ↓ 約10分 ↑
      道の駅 虹の湖公園
        ↓ 約20分 ↑
        カタクリの小径


※乗車の際は、津軽伝承工芸館もしくは道の駅虹の湖公園よりお乗りください。

※見学とバスの乗車時間を含めて、約2時間30分の所要時間となります。

f0217305_16364841.jpg



弘前公園の桜も素晴らしいですが、黒石へお越しの際は是非ご覧ください。



カタクリの花開花情報・シャトルバス運行時刻・団体等 各種 お問合わせ先

津軽伝承工芸館 TEL0172-59-5300

道の駅 虹の湖公園事務所 TEL0172-54-2405


新青森駅―黒石温泉郷間 無料シャトルバス 「黒石こけし号」運行中

[PR]