月刊 花だより 5月号

花読みの宿「花禅の庄」三代目 石澤亮太です。

■□■------------------------------------------
  『今月のピックアップ地元観光情報』
------------------------------------------■□■


当館より車で5分、十和田湖方面に向かう途中の「虹の湖公園」設置される臨時シャトルバス乗り場より、

青荷温泉方面にある雷山にむかい約20分、山道を揺られながらたどり着く。


「カタクリの小径」です。


毎年本当に多くの方で賑わっております。

すいません、このメルマガが皆さんに配信される頃にはもう終了しております(ノД`)・゜・。

例年だとGW明け位まで見頃なのですが、気温が暖かいもので…。

来年は早いうちにお知らせします!

公開予告もかなり間際になります。今年は4月20日~10日間くらいでした。

カタクリの花の見ごろの期間(4月下旬~5月上旬)

このカタクリ、発芽してから7年ほどでようやく花を咲かせるそうです。

当館の中庭にもついに1輪だけですが、4月の中旬に花を咲かせました☆


人知れず、ひっそりと山中で咲いていたカタクリの群落を、2001年の春から世にデビューさせ、保護してゆくことになったようです。

自生するカタクリの日本有数の群生地だそうです。
 
「カタクリの小径の会」のボランティアの方々が現地保護と環境維持をしつつ、一般公開しています。

そのため一般車両、徒歩などでの入山を禁止し期間中シャトルバスを運行しています。

見学の方はシャトルバスをご利用いただきます。

バス代金の一部は保存管理費として活用されます。

大人500円程です。

ズック、ウォーキングシューズなど山歩きに適した物をご準備頂き、順路に従ってご鑑賞ください。

10,000本に1本咲くという「白いカタクリの花」も高確率で見れるそうですよ!

是非とも見ておきたいですよね!!



■□■------------------------------------------
 『今月のおすすめ!津軽のランチ巡り』
------------------------------------------■□■

当館より車で15分、国道102号線を市街地に向かいます。

「ひさお庵」さん


地元では有名な手打ちそばの名店です。

「黒石にもこんな素敵なお蕎麦屋さんがあるんですね。」

そんなかんじです。

きれいに造られた日本庭園を眺めながら、

一日限定10食のランチ膳をいただきます。


大事なお客様との会食でも問題なく利用できるお店です。

黒石に遊びに来たら、是非とも召し上がっていただきたい!!


■□■------------------------------------------
    『今月のおすすめ食材』
------------------------------------------■□■

なんといってもこの時期は山菜、津軽は山菜がいっぱい出回る季節なのであります。

「ふきのとう」から始まり、「たらの芽」「こごみ」「やまうど」メジャーどころが並びます。

特有の「にがみ」「アクの強さ」は、特に雪国では冬場の「運動不足や野菜不足」で滞りがちな胃腸内環境に適度な刺激を与え、体のバランスを戻してくれるのだそうです。

昔からの食習慣というのは、理にかなったものが多いそうです。

「和食」ってすごいんですね。先人たちに感謝です。

続いて、「こしあぶら」「あざみ」「うるい」現在この辺でしょうか?

更に続いて、「根曲がり筍」「わらび」まで、6月いっぱいまでかけて出回って参ります。

「アイコ」「シドケ」なんてのもありましたね。

まだまだいっぱいあるのでしょうが、すいません、思いつかず(ノД`)・゜・。

当館では、とくに「山菜料理」として提供することは考えておりませんが、出回っているものを、献立の中に少しずつ組み込んでおります。


がっつり「山菜が食べたい」方には、お店を紹介いたします!



■□■------------------------------------------
    『今月のおすすめプラン』
------------------------------------------■□■

①最近のおすすめプラン

「進撃の巨大海老&鮑 VS 県産短角和牛&帆立 奇跡のタッグマッチプラン登場!!地酒、小ビール付き!」

冬場にご好評いただきました、選べるメインディッシュシリーズ第2弾!

【ずわい蟹姿で一杯 VS きんき酒蒸し一尾】でお届け致しました。

勝敗は、ずわい蟹の姿で一杯がわずかに上回る結果となりました。

次の冬場にまた登場予定です、お楽しみに☆彡

さて、

2016年5月8日~7月31日までの初夏限定!のサービスプラン☆

販売開始しております。


前回同様、まずはメイン料理を銘々に選んで頂きます♪

赤コーナー

全長23㎝、重量130g位、巨大海老の塩焼きーーー!!
&横幅13㎝、重量150g超、下北産鮑の酒蒸しーーー!!

対するは

青コーナー

話題の赤身肉、重量100g位、ヘルシーおいしい県産短角和牛ステーキーーー!!!
(実は超激レア食材です!!!)
&青森県、陸奥湾代表、帆立の貝焼きステーキーーー!!!

1人で一皿ずつ食べるのもよし、仲良く二人でシェアするもよし( *´艸`)

更に「地酒飲み比べ4種」と「小ビール」も銘々にサービスします!!!

お酒が苦手な方にはスペシャルなカップアイスとソフトドリンク1杯に変更致します(●´ω`●)


お品書き
 先付  津軽平野のそばもやし刻み野菜と若芽の特製ごま酢和え
 酢の物 県産もずく
 刺身  青森ならではの2種
 焼き物 当館いちおし「岩魚塩焼き」と「かじか味噌」
 蒸し物 津軽の茶碗蒸し
 蓋物  県産豚角煮
 選べる料理
   赤コーナー 又は 青コーナー 
 お食事 ばっけ味噌の焼きおにぎり
     手作り漬物
     けの汁
 水菓子 果物2種

以上の9品目の予定です☆

仕入状況により多少変更する場合もございますので、予めご了承下さいませ。

「進撃の巨大海老&鮑 VS 県産短角和牛&帆立 
奇跡のタッグマッチプラン登場!!地酒、小ビール付き!」

お1人様16,000円(消費税込み、入湯税150円別)でのご案内です!

週末料金、人数割引きはございません。是非ご利用くださいませ<(_ _)>


②今後のおすすめプラン

先月メルマガに引き続きご案内になります
「青森県産(西海岸産)天然とらふぐプラン」(6月1日~6月30日まで)青森県で「とらふぐ」?!

早ければゴールデンウィーク明けから、おおよそ6月いっぱいの間、青森県、西海岸では天然ものの「とらふぐ」が出回ります。

この時期の県産とらふぐは、超高級珍味の「白子」がたっぷり入る時期です。

旬は過ぎておりますが、さすが天然もの。

「ただただ、美味いんです(ノД`)・゜・。」

非常に希少で、ご予約いただいても入手できない可能性もございます。

昨年は6月中3回ほどしか市場に入荷されなかったようです。

今年は、入荷できるものは在庫確保してしまおうと考えております。

都内の高級料亭等で食べたら、食事料金だけでも1人20,000円は超えてくるであろう高級食材ですが、
時期が外れることで、少しだけお手頃な価格で提供する事が出来ます。

ご予約は1か月前位に頂ければ、高い確率で「天然もの」を提供できると思います。

それでももし入荷出来ない場合はプランの変更をお願いさせて頂きます。

「青森県産(西海岸産)天然とらふぐプラン」(5月20日~6月30日まで)

お1人様23,000円(税込、入湯税150円別)でのご案内です

週末料金、人数割引きはございません。

入荷見込みが立たない場合、3日前にご連絡致します。

ご了承くださいませ

是非ご利用くださいませ<(_ _)>



■□■------------------------------------------
       『あとがき』
------------------------------------------■□■

数年前までは津軽地方の桜の見ごろ時期がゴールデンウィークと重なっており、観光客や地元の方々で大変賑わっておりました。

温暖化の影響で最近は、ゴールデンウィークには葉桜、という事になりがちです。

小生、花より団子派ですのでそこまで残念な感はございませんが、せっかく訪れる観光客の皆様には是非とも最高の状態を見物してほしいものです。

ゴールデンウィーク明けより、いよいよ農作業も本格化。

田んぼが耕され、畑で作業する農家の方々の姿も見受けられるようになります。

津軽が動き出しました!今年も実り多い年になるよう、また多くの方々が訪れるよう、重ねて願っております。




花禅の庄 Facebookページはこちら

花禅の庄 twitter はこちら!

[PR]