月刊 花だより 2月号

花読みの宿「花禅の庄」三代目 石澤亮太です。

■□■------------------------------------------
  『今月のピックアップ地元観光情報』
------------------------------------------■□■

当館より車でおおよそ20分でたどり着けます。

黒石市こみせ通りの中心的役割を担う一つ「鳴海酒造」です。

(以下、青森県観光情報サイト アプティネットより引用)


鳴海醸造店の代表銘柄は「菊乃井」で、創業文化3年です。
創業して以来、約200年の歴史をもちます。黒石市は水が良く、自然の環境にも恵まれ、古いたたずまいを残す街並みが人の心を和ませてくれます。

藩政時代のアーケード状の道路「こみせ」が残されており、冬の吹雪や夏の日照りから歩行者を守っています。鳴海醸造店はこの「こみせ通り」に所在しております。

八甲田山と岩木山に囲まれ雪どけ水の井戸水でお酒を仕込んでいます。

事前に連絡を致しますと、お店の方が酒蔵を案内・説明してくれます。

4月~11月の間、つまり酒造時期以外)

http://www.aptinet.jp/Detail_display_00002259.html


当館でも、「菊の井」を取り扱っております。

全体として端麗辛口な性格で、どれも和食によく合うと思います。

試飲も出来ますので、お酒好きの方は是非立ち寄ってみてくださいね。

酒蔵見学も、大人の社会科見学のようで本当に面白いですよ☆

是非とも見ておきたいですよね!


■□■------------------------------------------
 『今月のおすすめ!津軽のランチ巡り』
------------------------------------------■□■

深浦町にあります「食べ物や セイリング」さんです。


深浦駅のすぐ近くにある、漁師町ならではの地元の家庭料理を提供してくれるお店です。


一押しは「ふかうら雪人参ビーフシチュー」


雪の下で糖度が増した甘い人参を使い、「子供でも喜んで人参を食べれるように」という思いを込めて開発したメニューだそうです。


はるばる深浦まで足をのばすのなら、
個人的には海の幸と山の幸(ビーフシチュー)を同時にいただける「海彦山彦定食」がおすすめです。

時期にもよると思いますが、深浦のおいしい本鮪も食べることが出来ます。


車で行ってみるのもいいですが、冬道は危険も伴います。


時間をとって五能線、冬場なら「津軽鉄道ストーブ列車」で向かうのも趣があっていいかもしれませんね。


是非予約して立ち寄ってみてください!



「食べ物屋 セイリング」

電話 0173-74-3068

住所 青森県西津軽郡深浦町深浦苗代沢78-34

営業時間 12002200(オーダーストップ2130

定休日 日曜日



■□■------------------------------------------
    『今月のおすすめ食材』
------------------------------------------■□■

「タラの芽」です。


まぁ、まだまだ早いんでないかい?と。


外は雪景色、山も深い雪の中、山菜なんてとれるわけが・・・。


ありませんよね。



確かにそうです。

九州地方の山菜は市場にも出回っておりますが、
それでも「栽培もの」が主流です。


そう、栽培物の「タラの芽」です。


県内でも「タラの芽」の栽培をされている方がいらっしゃるようで、
この時期に市場で出回っております。


きれいな緑色で、遠い春を待ちわびる雪国の人達に
一足早く春の訪れを感じさせてくれます。


露地ものに比べて値段がかなり高いのですが、
少しだけ春を感じましょう。


ちょっと贅沢に、やはり「天ぷら」がおすすめです。


是非召し上がってみてください☆



P.S.

市場に出回っているときは、当館でも使用しています。

これも「旬」の食材と言って間違いないと思います。



『今月のレシピ』


「親子丼」


先月に続き、自家製「かえし」を使った当館レシピをお伝えします。


1
人前 かえし30ccに対し、出汁60ccの割合で調合したもので、「親子丼」を作ります。


鶏肉、葱、卵は
2(サイズはお好みで)


卵以外を煮立たせ、鶏肉に火が通ったところで、軽く掻き混ぜた卵を半分注ぎ、しっかり火を通したら、残りの卵を回しいれ、半熟状態でご飯の上に流し入れ、三つ葉、又は刻みのりを載せて完成です。


卵のサイズ、卵の火の通し方で、つゆだくになるかつゆ無しになるかが決まってきます。


津軽では玉葱を使うことが多いですが、私は長葱派です。


同じ分量で作っても、なかなか同じ状態に仕上げるのは難しいものです。


何度も試して、自分好みの丼に仕上げてみてくださいね☆


実は私自身、一番好きな食べ物で得意な料理が「親子丼」だったりします。


ランチメニューにはありますが、夜の献立にはのってきませんので、
この記事をご覧になって食べてみたい方は、ご予約の際にお申し付けください!


「くせになる親子丼」、貴方を中毒にしてみせます
( *´艸`)



是非試してみてくださいね!


■□■------------------------------------------
    『今月のおすすめプラン』
------------------------------------------■□■

「家族にサンキュープラン」


この冬、温泉旅館で家族旅行を計画しませんか?

普段言えない「ありがとう」の気持ちを込めて、いつもとは違う空間で、家族の非日常の時間をお過ごしください。

きっと何かが変わるはず、「共有の思い出」が持つ力を体験してみてください☆


~プラン特徴~


特に家族利用の際に利用しやすいプランです。
512人で利用される際に宿泊料金を抑えることが出来ます。


ひとグループ6名様までであれば39,000円(税金別)の固定料金で宿泊可能です。

つまり、6名で利用するとお一人様あたり6,500円(税金別)になります。

1泊2食付いてこの値段。旅館としてはかなり安いお値段かと思います。

・さらに、希望により2部屋までご利用頂けます。

3世代で旅行を計画された場合でも、6名様までであれば料金内で2部屋ご用意いたしますので、おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・お母さん・お子様×2人で宿泊される際に非常に便利となります。男性陣と女性陣でお部屋を分けることも可能です。


・この料金でのお食事は?

安価に設定しておりますので、不安に感じるお客様がかなりいらっしゃいますが・・・。

当館通常プランの中の「プチ会席膳」をご用意いたします。

高価な食材は使用しませんので、要望に応じて別注文となりますが、

当館献立のマストアイテムは料金内で提供いたします。

※岩魚とか、そばもやしとか、特製の焼きおにぎり、けの汁等ですね※

小さなお子様にはお子様メニューもご用意可能ですので、お気軽にお問合せください☆


・もちろん女性の方は選べる浴衣のサービスあり☆
・朝食時間帯のコーヒー、ご当地スムージーのセルフサービスもあり☆


どうしても冬場は県内全体、全ての動きが鈍りますので、

何か行動のきっかけとなれば幸いです。


・「家族にサンキュープラン」6名様まで固定料金39,000(諸税別)

※冬季限定のため、ご宿泊受付は2017416日までとなっております。


P.S.

お部屋の収容人数は12名様までとなっております。

6名以上でご利用の際はお一人様追加料金6,500(諸税別)で承ります。

http://morimorimall.net/kazensyo_plan/plan/


2
 今後のおすすめプラン

~小さな女の子がいらっしゃるご家族へ~


「思い出の一日を写真に残す旅」へご案内します。

ご結婚された時の事を覚えていますか?

昔の写真を探し出して、懐かしみながら、家族の思い出を掘り起こしたことと思います。

お子様が大きくなるにつれ、事あるごとに写真館等で記念撮影をして、沢山の写真がある事でしょう。


今ではデータとして残しておけるので便利ですよね。

ちょっと豪華な雛壇の前で、かわいらしい浴衣に着替え、甘酒と雛あられで「ひな祭り」をお祝いする家族の写真。
この春、思い出の1枚を記念に残してみませんか?


「家族にありがとう ひな祭りを祝う12日」

320日までの限定プランとなります。

「家族にサンキュープラン」にさらに特典を追加いたしました!

下記特典をお付けして特別価格39,000(諸税込)でご案内させていただきます。


~追加特典~

1・当館に設置する7段飾り雛人形の前で家族の記念写真を撮影いたします。

2・撮影時、甘酒と雛あられをサービスいたします。

3・隣接する津軽こけし館の「ひなこけし展」で利用できるサービスチケット1,000円分を差し上げます。

ただし、こちらのプランは直接のお電話予約のみ受付、お支払いは現金支払いのみ、

他割引チケット等との併用不可、お子様料金の設定は無しとさせていただいております。

乳幼児をお連れの場合は人数にカウントしませんが、ご予約時に申告願います。

7名様以上でもご利用頂けますので、お気軽にお問合せください!

※追加お一人様6,500(税別)で承ります。


P.S.

通常はお子様の浴衣をご用意いたしますが、

追加オプションで着物の貸し出し・着付けを行います。

ご希望の場合はご予約の際にお申し付けくださいませ。


■□■------------------------------------------
       『あとがき』
------------------------------------------■□■


今月半ばに、全国大学生スキー大会
(インカレ)が北東北3県で行われます。

ここ3年間、東北で行われましたが、今年で最後となります。
また数年後に巡ってくるのでしょうが、
全国規模の大会となると、どうしても出費が気になりますよね。誰でも出場できるわけでもなく、誰でも参加することさえ出来ないのが現実でもあります。


私自身、子を持つ親として出来る限りのことはしてあげたいとは思いますが・・・。

まずは、日々の努力の成果を目いっぱい発揮出来る事を願っております。


話は変わりますが、
冬の観光はどうしても移動手段に不安を感じる方が多いものですね。

この冬、試験的にではありますが、弘前駅東口からの無料送迎を実施することにしました。

利用には条件もありますが、冬しか見れない景色もまた趣がありますよね。

寒い時だからこそ、温泉の温かさが身にしみます。

ウインタースポーツもいいですが、冬の温泉も楽しんでみてくださいね。




花禅の庄 Facebookページはこちら花禅の庄 twitter はこちら!
[PR]