<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

花読みの宿「花禅の庄」三代目 石澤亮太です。

■□■------------------------------------------
  『今月のピックアップ地元観光情報』
------------------------------------------■□■

当館より車でおおよそ20分でたどり着けます。


黒石市こみせ通りを中心として、市を挙げて毎年行われています。


「旧正マッコ市」です。



(以下、黒石市観光協会ホームページより引用)

藩政時代から続いてきた黒石市名物「旧正マッコ市」は、毎年、2月第1日曜日 午前5時から開催されます。

マッコとは「おまけ」や「お年玉」という意味です。


昔、金物屋が冬に夏場の商品の予約を受けたときにマッコをつけたのが始まりとされています。


黒石市内の中心商店街、市内大型スーパー各店で行われ、買い物客を歓迎します。

お買い物をすると、日用品や食品詰め合わせが沢山入った箱(マッコ)をもらうことができます。


また、マッコの他にもお買い得品や福袋等、様々な特売品も多数用意されます。


また、名物の一つ「福まき」は、うんぺい菓子の入った袋に、福引券や割引券、金券などが一緒に入ったものを一斉にまきます。


良い位置をキープすれば、何個でも取り放題です。


「秘密の○民ショー」等、メディアでの露出が多いこともあり、毎年近郊の方々や、観光目的で訪れる方々も増えているようです。


一番寒い時期の早朝の暗い時間から開始されますので、防寒対策と交通手段を万全にして出掛けましょう!



詳しくは黒石市観光協会のホームページをご覧ください!


是非とも見ておきたいですよね!




■□■------------------------------------------
 『今月のおすすめ!津軽のランチ巡り』
------------------------------------------■□■

新年1回目の「ランチ巡り」ということで、自分の処です。

「津軽・花詠みの宿 花禅の庄」です。


黒石市は黒石温泉郷
落合温泉にあります、当館「花禅の庄」ですが、ひっそりと「ランチ」も営業しています。

地元の人たちにもいまだに聞かれます。


「お昼もやってるの?」


完全に宣伝不足ですね
(;´Д`)


温泉に入ってお昼を召し上がって帰られるお客様もたくさんいらっしゃいます。


普段使いの「ランチ」には場所柄、料金的にも不向きですが、たまにはちょっと贅沢したい場合に最適だと思います。


明るいうちに入る露天風呂は本当に気分がいいものです。


中庭の景色が楽しめるのも明るい時間帯ならではですね。


四半世紀かけて仕上がった日本庭園、冬場の手つかずの雪景色。


県内でもなかなか経験できない貴重な時間をお過ごしいただけます。


是非予約して立ち寄ってみてください!



「津軽・花詠みの宿 花禅の庄」

電話 0172-54-8226

住所 青森県黒石市袋字富山64-2

営業時間 入浴11001500(オーダーストップ1230

定休日 毎週木曜日入浴不可


※ランチ特典※

ご予約の際、【メルマガを見た】と伝える

又は【花だより持参】頂ければ、ちょっとしたサービスがあります(^^




■□■------------------------------------------
    『今月のおすすめ食材』
------------------------------------------■□■

「弘大アップルビーフ」です。


新年最初のおすすめ食材ですので、ちょっとスペシャル食材です。


地域特産資源の飼料利用による県産牛肉ブランド化を推進するために研究され、2011年に商標登録され、
昨年中旬から市場に出回り始めた青森県産黒毛和牛の新ブランドです。


弘前大学の金木農場で研究開発されたもので、まだまだ出荷量が少なく非常に貴重なブランド牛です。


名前の通り、飼料に林檎を使用しています。


林檎王国の青森県ですが、りんごを加工した際の「搾りかす」を有効利用しようというのがはじまりだったようで
1970年代から研究がなされていたそうです。


弘前大学の生協や、大学のイベント等でしか入手出来ないものでしたが、徐々に出回り始めています。


ちなみに、県内の旅館で食べることが出来るのは、現時点では当館だけだと思います。


気になるそのお味は?


まぁ、黒毛和牛ですから、まず間違いはありません。


当館では主に「もも肉」を扱いますので、柔らかい肉質とバランスの良い霜降り加減です。


しいて言えば、赤身のきれいな霜降り肉といった感じでしょうか。


「特別会席プラン」と「特別炉端プラン」にはこちらの和牛をステーキで提供しております。


「お手軽会席、お手軽炉端会席プラン」には、その他の県産牛、この黒毛和牛の赤身部分や少し硬い部位を食べやすく加工して提供しております。



是非召し上がってみてください☆


ちなみに

「弘大アップルビーフ」が無い場合は、こちらも青森を代表するブランド牛「倉石牛」を使用しております。



『今月のレシピ』


新年らしく、ちょっと贅沢に
お正月等に召し上がった方も多いと思います。

「すき焼き」


12
月号のレシピ紹介で「かえし」をお伝えしました。


「すき焼き」にも使えます。


市販の「すき焼きのたれ」と同様に使えます。


まずは熱した「すき焼き」用の鍋に牛脂を溶かし、牛肉をさっと焼きます。


「かえし」を回しかけたら火を弱め、その他の具材を投入し煮込みます。


この「かえし」自体、醤油、ザラメ、みりんの組み合わせで、
市販のたれに比べ味がシンプルになります。

こと「すき焼き」に関しては、肉質が味の決め手となります。


出来れば国産和牛が理想ですが、飼料に穀物を多用する米国産牛もお勧めです。


牧草飼料メインの豪州産やホルスタイン等は特有の獣臭が出やすいと思います。


子供から大人まで、みんな大好き「すき焼き」ですが、
特に男性が好むようですね。

私も大好きです。


家族で鍋を囲む姿は本当に幸せいっぱいな光景ですね。


当館で通常「すき焼き」をお出しすることはありませんが、ご要望にはお応えしております。


今月のおすすめ食材の「弘大アップルビーフ」で「すき焼き」なんて、本当に贅沢ですねぇ
( *´艸`)


是非試してみてくださいね!




■□■------------------------------------------
    『今月のおすすめプラン』
------------------------------------------■□■

1 最近のおすすめプラン


「津軽・花詠みの宿 花禅の庄」 温泉と青森の
めぇものを食べる12日の旅


この冬、以下の
3点をお約束します。


1
・脚を延ばして湯船につかり、まぶたを閉じてみてください。湯口から流れ出る湯音が、青森ヒバで造られた、香り高い浴室の中で響いています。青森の寒い冬だから、温かい温泉が特に気持ちよく感じます。


2
・静寂の時間、雪と畳は音を吸収し、普段感じる事の出来ない世界観に浸れます。

考え事や、自分を見つめ直すのに最適な時間を過ごせます。


3
・青森にある様々な「めぇもの」たちを集めて提供される献立、食材の宝庫で生活していながら、その希少性、品質に気づかない事も多いと思います。

めぇもの(おいしいもの)


この土地に生まれ育ったことへの「誇り」と生産者に対する「感謝」を再認識する特別な機会を得る事が出来ます。



さぁ、想像してみてください!


いつもと違う見方で、新しい発見と出会う1泊2日を楽しんでみてくださいね。



献立内容

夕食

 先付け  冬らしく 真鱈の白子ぽん酢

 冷菜   津軽平野の蕎麦もやし、胡麻酢和え

 前菜   青森の山海の前菜5種

 酢の物  県産もずく

 刺身   青森の刺身代表3種盛り

 茶碗蒸し 鰻の蒲焼き入り、津軽の茶碗蒸し(甘栗入り)

 焼き物  名物岩魚の塩焼きとかじか味噌

 強肴   密かなブーム 県産牛と深浦産雪ノ下人参使用のビーフシチュー

 食事   ばっけ味噌焼きおにぎり

       手作り漬物

       けの汁

 水菓子  手作りシャーベット

       果物

       手作りデザート


朝食

 真鯖の味噌煮帆立貝焼き味噌

 手作り豆腐お供3(筋子 紫蘇巻き梅干し 味噌漬け大根)

 焼き海苔

 落合温泉納豆

 つがるロマン白飯

 十三湖しじみ潮汁

 青森産リンゴジュース

セルフサービスで淹れたてコーヒーとブラックベリーのスムージー


プラン特別特典

・お帰りの際、何か「青森のめぇもの」プレゼントします




2
 今後のおすすめプラン


「家族にサンキュープラン」


この冬、温泉旅館で家族旅行を計画しませんか?


普段言えない「ありがとう」の気持ちを込めて、
いつもとは違う、家族の空間をお過ごしください。

きっと何かが変わるはず!


「共有の思い出」が持つ力を体験してみてください☆


~プラン特徴~


特に家族利用の際に利用しやすいプランです。


・なんといっても家族単位の大人数で利用される際に宿泊料金を抑えることが出来ます。


ひとグループ6名様までであれば39,000円(税金別)の固定料金で宿泊可能です。


つまり、6名で利用するとお一人様あたり6,500円(税金別)になります。



・さらに、希望により2部屋までご利用頂けます。


3
世代で旅行を計画された場合でも、6名様までであれば料金内で2部屋ご用意いたしますので、おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・お母さん・お子様×2人で宿泊される際に非常に便利となります。


男性陣と女性陣でお部屋を分けることも可能です。


・この料金でのお食事は?


当館通常プランの中の「プチ会席膳」をご用意いたします。


高価な食材は別注文となりますが、当館献立のマストアイテムは料金内で提供いたします。


※岩魚とか、そばもやしとか、特製の焼きおにぎり、けの汁等ですね※


小さなお子様にはお子様メニューもご用意可能ですので、お気軽にお問合せください☆


・もちろん女性の方は選べる浴衣のサービスあり☆


・朝食時間帯のコーヒー、ご当地スムージーのセルフサービスもあり☆



■□■------------------------------------------
       『あとがき』
------------------------------------------■□■

新年、明けましておめでとうございます。


本年も「月刊 花だより」をよろしくお願いいたします。


1月から桜が咲くまでの間、青森県のほとんどの業界で動きが停滞するそうです。



ネット通販でもですよ。


もちろん宿泊業もですが・・・。


そして、この時期にいらっしゃるほとんどのお客様は、この空気感を楽しんでいらっしゃいます。


行楽シーズンには無い静けさと、便利な日常生活とはかけ離れた深い雪の世界。


現実とのギャップが大きいほど満足されて帰ります。


「何もない贅沢」、常に経験していると不便にしか感じませんが、稀に経験すると本当に貴重な経験となるようです。


「津軽には
7つの雪が降る」という歌がありますが、これ本当なんですよね。


是非体験して頂きたいと思います。


では、貴方にとって良い1年になる事を願っております。





花禅の庄 Facebookページはこちら花禅の庄 twitter はこちら!
[PR]